INTERVIEW- 社員インタビュー -

I.O

入社年月:
2020年1月入社
卒業学校または前職業種:
フロントエンジニア
所属部署・役職:
WEB制作事業部

Q1:入社を決めたいきさつ、理由を教えてください。

私は前職もアクログループ内の会社で勤務しておりましたが、転籍してアクロスペイラに入社しました。
Webサイト制作に携わりたいという思いから、アクログループの中でWeb事業に力を入れているアクロスペイラに入社いたしました。
また、もともと前職ではPGとしてWeb制作の現場で働いていましたが、ディレクターとして「もっと上流の部分から制作に関わりたい」という思いから、入社を決めました。

Q2:現在の仕事内容について教えてください。

ディレクターとして案件の全体的な管理を行います。
案件スタート時、どのようなWebサイトにするのか、お客様と折衝を行ったり、こちらから提案を行います。要望を聞いたら「構成案(ワイヤーフレーム)」というものに落とし込みます。
私が作成した構成案(ワイヤーフレーム)を、デザイナーに依頼してデザインしていただきます。
デザインを元にコーディングを行い、お客様確認、リリースという流れになります。
実作業としては、「構成案(ワイヤーフレーム)」の作成のみですが、案件の全体的なスケジュール管理・進捗確認など案件が滞らないように調整役として立ち回ります。

 

Q3:仕事の面白さ、難しさややりがいについて教えてください。

お客様への責任として欠けてはならないものは「品質」と「スケジュール」です。
いくら品質が良くてもスケジュール通りに制作できないと信頼を失います。
スケジュール通りに作成できても品質が悪いと、お客様に満足していただけません。
ここのバランスがとても難しくて、品質にこだわり過ぎるとスケジュールに遅延が発生するので、
「お客様が何を求めているか」をクリアすることで「品質」を担保します。
この「お客様が何を求めているか」を適切に判断することが大切です。

Q4:自分が成長を実感した出来事は何ですか。あるいはご自身の課題は何ですか?

私の課題についてお話します。
お客様に対しての「責任」と、作業して頂ける方のへの「配慮」があると思います。
お客様に対して、どうあるべきか、どのように伝えるべきか、対お客様だと考えることは多々ありますが、自分の思考がそちらに行き過ぎて作業して頂ける方への「配慮」が足りないと感じております。
先の事を考え、適切に作業の優先度を決定、作業して頂ける方に「常に余裕を持って依頼できる」ことが私の課題であり目標です。

Q5:会社の魅力(仕事内容や社風、職場環境等)は何ですか?

私が所属するWeb制作事業部の自分のチームでは、「納品」という目標に向かって、そのプロセスを自分で考えて実行することができます。
壁にぶつかった時にどうするか、自分で考えます。もちろん先輩や上司に相談すれば、手を差しのべてくれます。ただ、問題解決をするにはどうしたら良いか、色んな選択肢がある中で自分で決定する場合もあれば、上司や先輩に投げてしまう時もあります。
私が思う会社の魅了は、「問題解決する力・考える力」が人一倍身につく所だと思います。

Q6:就活する学生 にメッセージをお願いします。

自分のやりたい事・好きな事ではなく、自分の得意な事(人よりもできること)を見つけてそれを職にするのが最善だと思います。
コロナ禍で大変だと思いますが頑張ってください!!!